【GBC】ゼルダの伝説 ふしぎの木の実~大地の章~:part 13


「年寄り相手にマジなバトル」の巻♪

あと一押しに気づくのに時間がかかっちゃいました







■ 雑記 ■(動画を見てからどうぞ)



【第1戦】
ツインローバ第1形態は,赤と白のババが赤と白の弾を撃ってくるので,それを上手く剣ではじき返して反対のババに当てる。これだけのことなんですが,なかなか難しい。ババは常に動き回っているため,狙っても当たらないんですよ。何とか倒しましたが次に出てきた第2形態であえなく撃沈。

【第2戦】
ツインローバ第1形態は,部屋の隅で地味に打ち返しを狙うことで,比較的安全に倒せることが分かり,時間はかかるがダメージも少なくクリア出来ました。しかし第2形態はどうも攻略法がみえてきませんね。ジャンプを駆使してそこそこ戦えるんですが,何度も回転切りを当てるものの敵の倒れる気配無し。うーむ,ババのくせに結構タフですね。

【第3戦】
第1形態はあっさり。第2形態は先ほどと同様に積極的に回転切りを与えていきますが,それでもまったく動じる気配がありません。困りましたね…。

【第4戦】
ツインローバとの戦いもかなり慣れてきて,ほとんどダメージ受けなくなりました。回転切りもバシバシ決まり,相当量のダメージを与えているはずですが…。12分以上の戦闘でもまだ勝てません。

【第5戦】
第2形態はほぼパターン化が終了し,安定した戦いが続きます。戦闘も長期化しついに30分を超えますが,それでも倒れる気配無し。なにか戦闘方法に疑問を感じ始めます。

【第6戦】
やはりもう一押し必要でした。今回は「ハテナの実」。この一押しで戦闘が進展し,第2形態もようやく撃破です! そしてついに登場したガノン。予想外の連戦です。ガノンの攻撃は多彩で,普通では回避しにくいものも多く,なかなかの強敵の予感です。

【第7戦】
今回は補助アイテムとしてサッサの実をチョイス。フィールド上を走り回りながら,ガノンに回転切りを当てていきますが,いかんせん攻撃が多彩で,機動力を高めても少しずつくらってしまいます。うーん,サッサはいまいちか…

【第8戦】
今回はジャンプをチョイス。ガノンの攻撃を積極的にジャンプでかわしていきます。ジャンプ,思った以上に万能です。ガノンの飛び道具・直接攻撃を全て回避することが出来ます。タイミング良くジャンプし,回転切りを当てていくだけ。なんとダメージは1回だけで撃破出来ました。ガノンが弱いと言うより,ジャンプが万能過ぎるような気がします…

と言うことで,無事ガノンを撃破し大地の章クリアしました!




「ゼルダの伝説不思議の木の実 大地の章」総評

◆良かったところ

・アクションと謎解きの融合
今作はアクションを重視したというだけあり,全体的にアクション要素の難易度が高く設定されています。しかし謎解きが軽視されているわけではなく,ゼルダ特有のパズル要素も充実しており,それが見事に融合しているように感じます。難易度の高いダンジョンもやり応え十分で,おなかいっぱいです。


・リンクシステムの面白さ
ポケモンなどで有名な,同一タイトルのバージョン違いをリリースする売り方が,どうも僕は好きになれませんでした。「ファンはバージョン違いを全てそろえるだろう」という安直で消費者を小馬鹿にした戦略が透けて見えるからです。でも本作は違います。時空の章と大地の章は全くの別物。使い回しは何一つありません。それでいて両方の作品をプレイすることでしか見られない真のエンディング。両作を通じて一本の作品としてボリューム満点。大変満足出来ました。これまたおなかいっぱいです。



◆悪かったところ

・時空の章とのバランス
本作大地の章に関しては,ゼルダのシリーズとして特に大きな不満はありません。ただ,時空の章とセットであることを考えると,どうも2作品のクォリティに差があるように感じてなりません。2作品のプレイ時期がことなり,僕自身のリアル社会での状況に違いがあることも影響しているかもしれませんが,同じコンセプト,同じ制作陣が作り上げた2作品とはどうしても思えません。時空の章も同一のクォリティーなのであれば,時のオカリナにならぶゼルダの代表作になり得たかもしれないだけに,ちょっと残念です。



以上が感想です。大地の章は僕の大好きなゼルダシリーズの中でも,思い出に残る1本となりました。ゼルダファンのみならず,全ての皆さんにお薦めできる名作です。未プレイの方は是非是非プレイしてみてください。こんな有名なシリーズに高得点は付けたくないのですが,やはり10点満点で8点!そのくらい面白かったです。

7 コメント:

shino 35 さんのコメント...
2014年8月21日 0:46

まさかニコニコで会えるとは!声がよーたさんと似てると思ってコメントしたら合ってたていうwまさかのwおれすげー!w

ドラえもん さんのコメント...
2014年8月21日 10:17

よーたさんこんにちは                                         さてやっぱりガノン(ドロフ)は弱いですねゴルゴンにくらべたらかなり弱いですね     まあ1のころよりはちゃんとがちゃおしでは勝てないので強いですけど           やはり大地の章のほうが時空の章よりおもしろいですよねぼくも謎ときは好きですけどあそこまでわからなすぎるのはぼくはとっても大嫌いです                   1もどのダンジョンにも最初からほぼ入れるのですこしダンジョンのどこに入るかも情報がないので少し嫌いです                                       さてやっぱり大地の章はおもしろいですよね                           ぼくもよーたさんと同じく10点満点のうち8点ですもうすこしラスボスガノン(ドロフ)が強かったら僕は9点にしてたと思います僕はかなりむずかしいゲームが好きです      まあゼリアードのドラゴンほどつよいとあきますけどね                     でも僕は昔のゲームのほうが好きです新しいゲームはけっこうかんたんなので昔のゲームのほうが好きです                                        さてついに大地の章も終わりましたね                               次はよーたさんがどんなゲームをやってくれるかすっごーく楽しみにしてます       そしてかなりゲームにつまったらいつでもゆってください                    ぼくからはコメントで書きませんがよーたさんがゆったらすぐ教えますので        スーパーマリオギャラクシーももう少しで終わりそうですね                  よーたさんがあのルイージ面をどうやってクリアするか楽しみです             あとときどきスーパーマリオギャラクシーのチコが近道に案内しますとかを言いますけどその道しか通る所はないのでかんちがいしないでください                  さてゼルダシリーズが終わってさみしいかんじもしますけど次にまたよーたさんがゲームをやってくれるので楽しみです                                  それではよーたさんさようなら                                    応援しています 

史健 さんのコメント...
2014年8月21日 14:16

よーたさん、ふしぎの木の実の実況おつかれさまでした。
僕が今作で一番笑った所は、ラブレンヌからのあいことばを面白可笑しく読み上げた所でした(笑)。
公開時期が違うのもあると思いますが、大地の章をプレイしているよーたさんは時空の章と比べて活き活きとしていましたね。僕が両作品をプレイした当時、時空の章はストーリー設定が良いなと子供ながらに思いました。あと、時代によって変わるフィールドを比較しながら探索するのが楽しかったです。
実は先日、サイレントヒル2をプレイし始めました!よーたさんが怖がっていたのを笑って見ていた僕ですが、現在おっかなびっくりのプレイが続いております!(笑)
ではこれからも実況楽しみに待ってます!

みお さんのコメント...
2014年8月21日 15:19

おお~~。
ついにクリアなさったのですね!!
おめでとうございます!!

ツインローバってシリーズによって敵にも味方にもなりますよねぇww
ムジュラとかで出てくるコタケばーさんとコウメばーさんですね。
そしてどちらかと言うとあれはバレーボールじゃなくてドッヂボールな気もしますがw(まぁそれは置いといて)

このゲームは困った時はシンボルアイテムか木の実で解決しますよね。
私も詰まったらとりあえず木の実ぶつけるかロッド振るか竪琴鳴らしてました。
そしたら9割解決ww

ガノンは相変わらず俊敏な豚ですなぁ。
ボスブリンといいこいつといい豚率の高いゲームですね。
こいつシリーズ通して何回復活してるんですかねww
あの入力逆世界に瞬時に対応されたのはホントさすがですね・・・。
あそこ何回やっても対応出来ずに自分からガンガン体当たりして死んでました;
ジャンプ使ってもあそこまで圧倒しては勝てませんよ;

そしてまさかのウッドソードでのクリア・・・。
さすがです・・・!!
私も時空、大地とリンクしてプレイしましたがさっさとホワイトソードとマスターソードにランクアップしました;
だって私の腕じゃ絶対無理ですもん;
とにかくクリアおめでとうございまーす!!
次のゲームも楽しみにしてます^^
暑い日が続きますがお体ご自愛下さいね。

ところでツインローバ戦でおっしゃってた「ハヤトキ」って何ですか?

jony さんのコメント...
2014年8月22日 20:30

最終回もアップお疲れ様です!

さて、ツインローバ戦は攻略方法が見つかるまでが大変でしたね!
僕もなかなか攻略方法がわからなかった記憶があります!
そして、ガノンもかなりの強敵・・・!
のはずが、ジャンプがあんなに効果的だとは。(^^;
僕はボスではあまりジャンプは使わなかったので、かなり苦戦しました。

そして、真の全クリおめでとうございます!(^◇^)
かなり長いシリーズになりましたが、とても面白かったです。

さて、よーたさんは大地の章と時空の章でずいぶんと対照的な評価をされてますね。
僕も両方プレイしましたが、どちらが好きかと言われたら大地の章と答えます。
しかし、僕の評価は両者にほとんど差はなく、両方ともかなりの良作であると思います。
結局、好みによるとしかいえないと思いますね。
特にゼルダは作品ごとに根強いファンがいるシリーズですので。
時のオカリナが最高傑作という人もいれば、ムジュラや、スカイウォードソードが最高傑作という人もいます。
あと、よーたさんは時空の章が、不親切であると仰られましたが、最近のゼルダは親切すぎると思います。
特に、「スカイウォードソード」ではヒントが親切すぎて、「そこは自分で考えさせてくれよー!」と思うことがありました。
僕はやることが分からなくて、あちこちうろうろするのも好きなので、ある程度のほったらかしもありかなあと思います。
まあ、これも完全に好みの問題で人によりますけど。(^^;

とまあ、偉そうにいろいろ言ってすみませんが、ゼルダファンの一意見として読んでいただけたらな、と思います。

ということで、時空の章に続き、大地の章クリア、お疲れ様でした!
よーたさんの実況を初めて知ったシリーズですので、ちょっと終わってしまって寂しい気がしますね。
次は、僕の大好きな「スカイウォードソード」がいつの日か見られたら良いなあと思います!

P.S.
ゼルダという名前につられて、「ゼルダ無双」買っちゃいました。
想像していたよりは面白いんですが、ゼルダのゲームと期待して買ってはダメですね。(^^;

なつき さんのコメント...
2014年8月23日 9:49

よーたさん、お久しぶりです。
大地の章お疲れ様でした(*^_^*)

ツインローバは普通に斬りつければいいと思って見てましたが、ハテナの実を当てないとダメージが与えられないんですね。
あれは気づくのに時間がかかってもしょうがないと思います^^;
あとガノン戦は、私だったらサッサじゃなく迷わずハネマントを選びますね。
ゆとり思考です(笑)

私は時空の章しかプレイしてないんですけど、時空の章楽しかったですよ(^^)
でも、この動画を見たら大地の章もおもしろそうだな~というのが充分感じられました!!
3DSもゲットしましたし、またVCでやってみようと思います☆

よーた さんのコメント...
2014年10月4日 23:10

◆shino35さんへ
うーん,ニコニコに実況を公開したことあったかしら…? 以前ゼリアードを少しアップしたことはありますが,それ以外は無いはずですので,人違いだと思います。あるいは僕の名を語っている別人か!?

◆ドラえもんさんへ
そですね。このシリーズ共通ですが,ガノンは比較的弱いですね。ゼルダ終わっちゃいましたけど,他にもたくさんプレイする予定のゲームはありますので,次回作をお楽しみに

◆史健さんへ
うーん,まぁ時空の章がそこまで悪かったわけじゃなかったんですが,大地の章の出来が予想以上に良かったので,比較するとやはりその差は僕の中では明らかなんですよね。

◆みおさんへ
ちゃんと剣のレベルを上げることの方が,このゲームの正しいプレイスタイルだと思うので,そういう意味では今回はちょっとゆがんだ実況になってしまいました。ムジュラは僕の中ではゼルダシリーズ最高傑作だと思っており,あの作品のツインローバの印象が強いですね。「ハヤトキ」は「早解き」です。要は以下に短時間でクリアするかを競うプレイスタイルのことです。結構一般的な言葉だと思いますが,まぁあまりゲームをされない方には馴染みの無い言葉でしょうね。

◆jonyさんへ
ガノンをジャンプ無しで攻略しようとすると,ちょっと大変でしょうね。あの多彩な攻撃をきちんとかわしながら,ヒットアンドアウェイということになるでしょうから,Lv.1の剣では厳しいかもしれません。「最近のゼルダは親切すぎ」とのことですが,僕もそれに関しては同意見です。ヒントが多すぎて,ほとんど迷うこと無くサクサク進めてしまうので,ちょっと物足りない感じがします。ただ時空の章に感じた不親切というのは,それとはちょっと違うんですよね。理解していただけると嬉しいんですが…。スカイウォードはまだ全然編集してませんが,そのうち公開すると思うのでお待ち下され。

◆なつきさんへ
ゆとり思考ですか(笑),まぁ確かにそう言われるとそうかもしれませんね。時空の章はいま振り返るとちょっと悪く言い過ぎたかなーとは思っているんです。そこまで駄作ではなかったと…。でもラスボスのクォリティも全然違いますし,やっぱり完成度が違うような気がするんですよね。是非プレイしてみて下さい。

Leave a Comment

Back to Home Back to Top 古典ゲームの杜. Theme ligneous by pure-essence.net. Bloggerized by Chica Blogger.
This template is brought to you by : allblogtools.com | Blogger Templates