【PC98】イースⅡ:part 7


「アイツもこいつもみんな子孫なのか!」の巻

ついに終盤戦。ストーリーも一気に盛り上がっていきます。





■ 雑記 ■(動画を見てからどうぞ)

まずは女神の指示通り,夢見の石像を使えるようにするために,黒真珠を探します。とは言え,ヒント無し。広い神殿内をひたすらウロウロ…。1時間くらいかけて北の会議室で黒真珠を発見しました。

「ヒント無さ過ぎ!」と愚痴ってますが,一応神殿の門番からヒントらしき事は聞けるので,これをもっと前に聞いていればもう少しスムーズだったかもしれません。

続いて夢見の石像を使うために,鐘撞き堂の頂へ。途中で何故かマリアの遺体がなくなっていますが,そんな事は「気にしない」の精神で進んでいきます。頂で使うと無機質に経験値だけが入り,何にもメッセージがないのでちょっと心配になりますが,ちゃんと使えてるみたいですのでご安心を

石にされていた人々に会い,地下水路にぽつんと石化されていたサダの元へ。ここで最強の剣である「クレリアソード」,こいつの実家で「クレリアアーマー」をゲットします。総銀製ですから結構高価な上に,ものすごく手入れが大変だと思います。

さて装備が整い,金の首飾りを使ってついに中枢へ。奥では今まで散々邪魔してくれた,魔法使いダレスがボスとして待っています。いつものように初チャレンジでは全然レベルが足りていない様子。仕方が無いのでレベルアップして再チャレンジ。ちゃんとダメージが与えられるようになれば,なんてことは無く楽勝です。

その先の中枢では,今まで会ってきた「実は子孫だったのキャラ」たちがお出迎えです。なんだかストーリーに絡んできた連中を適当に子孫にしちゃってる感じですが,まぁここら辺はあまり突っ込まず良しとしましょうか。

そして格好良くハモニカを演奏したあと,ついにラスボス戦。これまたお約束通りレベルが明らかに足りない様子なので,末裔たちが盛り上がっている中,ちょっと中座してレベルアップに向かいます。 ひとつだけレベルを上げて再チャレンジ。うーん,こいつですら苦労せずに撃破してしまいました…。


「イースⅡ」総評

◆良かったところ

・なかなか秀逸なストーリー
この頃のゲームとしては,かなり凝ったストーリーで,ストーリーを楽しむゲームの草分け的存在だと思います。登場人物たちも複雑に絡み合い,なかなかに楽しませてもらいました。

・秀逸なグラフィックとサウンド
これも異論は無いと思います。映像がとても美しく,魅力的な音楽がさらに雰囲気を高めています。特に音楽は掛け値無くすばらしく,当時のPCの音源でよくもここまでの楽曲を作ったなぁと感動すら覚えます。



◆悪かったところ

・アクションゲーム…なの?
アクションゲームなのは確かですが,Ⅰに比べると明らかに戦闘に面白みがありません。ファイアの魔法が攻撃の選択肢のひとつとしてではなく,全てになってしまっているからです。Ⅰでは地味ながらも「半キャラずらし」による戦闘は,なかなかの緊張感がありました。本作ではそういった緊張感はまるでありません。

・そしてザコに魅力無し
前作ではザコに対してもリングを使い分けたりと,結構工夫が必要な戦闘でしたが,今回は遠距離からただただファイアをぶつけるのみ。それだけでバタバタと敵が死んでいきます。戦略性は無く面白みは皆無です。

・ボスもショボイ
ボスには多少個性がありますし,基本的にはファイアは効かないので,Ⅰと同様の緊張感あふれる戦闘が出来そう…なのですが,これはあまりに平易なバランス調整で,苦労なく撃破可能です。おそらくどなたがプレイされてもあまりボスで苦労することは無いでしょう。



最後はちょっと辛口な評価になりましたが,ストーリー重視のゲームの先駆けとして考えると,驚くほどのクォリティーです。今プレイしてみても,決して古さを感じません。このゲームは多くのプレイヤーにお薦めできる名作でしょう。

とはいえゲームとしての評価を考えると,10点満点で6点といったところだと思います。お薦め度としてはⅠ・Ⅱ総合で8点あげてもいいくらいですけどね。古いゲームをプレイしてみたいが,僕のようなM属性の無い方は,これくらいから始めてみてはいかがでしょうか?

15 コメント:

jony さんのコメント...
2013年3月22日 2:36

アップお疲れ様です。(^O^)

ダレスがいよいよ登場しましたが、まだレベルアップが必要だったとは・・・。
しかも、戦闘が意外と地味でしたね。(笑)
タイミングゲーで、カエルの為に・・のラスボスの、剣で突進するミニゲーム?みたいなのを思い出しました。
ラスボスも、前作と良く似た感じですが、レベルが高ければゴリ押しで問題なく倒せそうですね。
そして、感動のエンディングですが、若干最後はラブコメ風になってましたね。(笑)
初めてアドル君の顔を見ましたが・・格別かっこいいというわけではなかったですね。(^_^;)

イース二作お疲れ様でした。
昔のゲームとは思えないクオリティーで楽しませていただきました。
また次回作も楽しみにしています。(^◇^)

なつき さんのコメント...
2013年3月22日 12:42

よーたさん、こんにちは。
アップお疲れ様です(*^_^*)

イースⅡは敵キャラに愛着が沸かなかったなぁ・・・というかボスでさえあまり印象がないです^^;Ⅰの方はザコでもライオンみたいなの可愛かったし、ボスのカマキリもはっきり覚えてるんですけどね。最近気づきましたが、どうやら私もMっ気体質な一面もあるようなので、もっと試行錯誤するゲームに挑戦したいですね(笑)

そういえば、やっと古典ゲームの杜の実況動画を全部見ることができました。どれもおもしろかったですけど、ゲームのおもしろさが引き立っているものやよーたさんの実況のおもしろさが引き立っているもの、あとは個人的な好みとかもいろいろ感想がありますので、第Ⅲ期が終わったくらいにランキング方式で発表してもおもしろいかなとおもっています。なつきが選ぶベスト5はどんなランキングになるのか!少し楽しみにしててください(^v^)☆

私がここの動画をみつけていつのまにかもう2年経っていました。そんな私も先日、大学卒業しましたし、月日が経つのは早いですね。時が流れてもここは私の大事な心の支えのひとつです。ありがとう。これからもいろいろ語りましょう(^O^)/
では、次回作も期待してます♪

なっち さんのコメント...
2013年3月22日 15:52

アドルあんな顔だったことに衝撃が・・・

なぁ さんのコメント...
2013年3月23日 0:10

UPお疲れ様です!

とうとうイースⅡも終わってしまいましたね~
Ⅰから考えるとストーリーが少し長めなので壮大な感じが出てたかなと思います
名前が誰が誰だかわからなくなってしまいましたが(笑)

動画前半何度もマリアちゃんの死はどうしようもなかったんだとか何とか言ってたら
生きてましたね、これまたあっさり

イースⅠ・Ⅱ、とても楽しく拝見させていただきました(^-^)
次回作も楽しみに待ってます(´∀`*)ノシ 

doll sanji さんのコメント...
2013年3月23日 7:55

UPお疲れ様です(#^.^#)

このイースⅡ、おそらく敵よりもマップに苦戦したのではないのでしょうか?
せめてラスボスにはもう少しステージではなくボス自体に個性的な要素があってもいいと思いながら見ていました。

あとマップが切り替わったときに敵がランダムで配置されるのも改善した方がいいと思いましたね。(後のシリーズは知りませんが)

それでも、昔のゲームにしてはけっこうクオリティが高いゲームで、大変楽しくみさせていただきました!

では、今やっている他の動画も含めて、次回作を楽しみに待ってます!
頑張ってください!(^.^)/~~~

りんご さんのコメント...
2013年3月24日 15:05

よーたさん、ゲームクリアおめでとうございます。
毎日のように動画の更新を待ち続けていたので、エンディングを
見れてとてもうれしいです。

本当にこのゲームは1レベルの大切さを身にしみて感じることが
できるゲームですね。
そのわずかな差がボス撃破につながるんですから。
よーたさんも動画の中で話していましたが、ちょっとボス戦が力押しすぎる
感じもしますが・・・。

でも、やっぱりイースはストーリーは良くできていると思います。
ぐいぐい物語の中にひきこまれていっちゃうんですから。
ただ、ラスボス戦まえに一気にアイテムが集まりすぎるかなって
気もしましたけど・・・。

次の新しい古典ゲーム攻略も気長に待っていますので、ぜひぜひ
新動画のUPをお願いいたします。
攻略お疲れさまでしたっ!!!

匿名 さんのコメント...
2013年3月24日 16:52

気が早いけど次は番外編がいいです・・・

マリオサンシャインとはどうですか?
よーたさんの嫌いな泳ぐ面がありませんし
絵もきれいです

よく初見じゃないプレイも多いんですが
うーん、実況プレイというのはわからずあたふたしながら
先へ進んでいくのが醍醐味だと思うのです・・・

私が実況プレイ動画にはまったのはよーたさんの動画を見てからなんです^^
ワーギャー言いながらも面白がっているよーたさんが良かったんです

頑張ってください☆

匿名 さんのコメント...
2013年3月24日 21:42

クリアおめでとうございます。
次はイースⅢに挑戦はいかがですか?

匿名 さんのコメント...
2013年3月26日 17:28

クリアおめでとうございます。                       とても面白かったです~。                         次作も楽しみにしています。                 

匿名 さんのコメント...
2013年3月26日 21:44

初コメです♪( ´▽`)
よーたさんの声を聞くとすごく落ち着くんですよね♫なぜでしょう?
イースⅡお疲れさまです♪( ´▽`)
次のゲームも楽しみにしています(・ω・)ノ

よーた さんのコメント...
2013年3月27日 13:47

◆jonyさんへ
ダレス戦はなんだか派手さに欠けて、ちょっとパッとしませんね。確かに言われてみれば、「かえる~」のラスボスのショボサににてます。特別強くないし、やっぱり全体的にボスがボスとしての仕事をしていないように思います。

◆なつきさんへ
確かにⅠに比べてⅡの敵は印象薄いですよね。Ⅰのカマキリはほんとに強かったですもん。動画全部見てもらえたんですか!? 結構な本数ある上に、初期の頃のはクォリティーが低くて、とても見られたもんじゃなかったと思います。ありがとう。ランキングのアイディアはおもしろそうですね。今後の動画作成のヒントにもなりそうなので、是非とも多くの方のランキングを知りたいところです。そして、大学卒業おめでとう♪

◆なっちさんへ
うーん、皆さんアドル君の顔に結構辛口ですね。まぁ確かにそれほど美男子ではないですが、僕はそこそこのレベルだと思うんだけどなぁ。

◆なぁさんへ
Ⅱの方が壮大な感じっていうのは、わかる気がします。戦闘を行うダンジョンにもバリエーションがあって、ゲームとして深みは増していると思います。マリアはあまりにあっさり生きてましたけどね。

◆doll sanjiさんへ
そうですね。終盤のマップは結構広くていやらしく、無駄にウロウロさせられちゃいました。敵のランダム配置も、出口付近だけはやめてもらえればいいと思うんですけどね。マップが切り替わった瞬間に死亡することは、Ⅰ・Ⅱ通して多かったです。

◆りんごさんへ
レベルアップは非常に重要ですね。ただ「レベルが低いとダメージは全く与えられない」と言うシステムは、改善すべきだと思います。低いレベルではどんなに上手くプレイしても絶対に勝てないので、頑張って戦おうという気力が無くなります。次回作はまたちょっと違うタイプのゲームですよ。

◆匿名さんへ
マリオサンシャインはちょっとだけプレイしたことがあるんですが、ギャラクシーに比べ1人称視点に近いので、あっという間に酔ってしまうんですよ。なかなか酔わない方にはわかって頂けないところなんですが…

◆匿名さんへ
イースⅢはすぐにはやりませんが、機会があったらプレイしてみたいと思います。リンクの冒険みたいでちょっと面白そうなので…

◆匿名さんへ
ありがとう。次回作も近日公開予定です。お楽しみに♪

◆匿名さんへ
おちつきますか~。僕自身は全く落ち着き無くしゃべってるんですけどね。なにか緊張するとき、疲れたときに聞いてやってください♪


匿名 さんのコメント...
2013年4月5日 6:03

懐かしながら拝見させていただきました。
イース4やって頂きたいです!

WILL さんのコメント...
2013年4月6日 0:57

動画UPお疲れ様です!
イースⅡお疲れ様でした~、拝見した感想はみなさんと同じなので割愛致します(笑)
個人的にイースⅠⅡはPCを弄り始めた時の珠玉のゲームでした、ほとんど忘れているとはいえ当時の感動を感じながら改めて拝見出来たのは非常に楽しかったです、よーたさんの実況のなせる業なのでしょうね。
古典ゲームの杜というタイトルを特に実感したゲーム(ⅠⅡ合わせて)でした!
それでは次回も楽しみにしつつゆっくりお待ちしております!
PS:魔天伝説は現在プレイ出来る方法が有るか分かりませんが、無駄に長いダンジョンに対して安易なストーリー展開は実況には適さない可能性が高いのでお勧めできません(^^ゞ、個人的にはプレイ出来てネタにはなりましたが・・・(笑)

よーた さんのコメント...
2013年4月18日 0:44

◆匿名さんへ
イース4は,どうやらPCでは発売されていないようですね。イース4はファルコムのオリジナルが無く,いくつかのライセンシー版があるようですね。うーむ,どれをプレイするのか迷うところです。まぁ機会があればとは思いますので,気長にお待ちください。

◆WILLさんへ
本作をリアルタイムでプレイされた方には,非常に懐かしく見ていただけたのではないかと思います。これからも古典ゲームの名に恥じぬよう,古き良き名作の数々を,愚痴りながらプレイしていきたいと思っております。応援よろしくお願いいたします。

コイン さんのコメント...
2014年8月31日 0:28

シリーズ通して拝見させていただきました。体調を崩しながらの実況、お疲れさまでした。サウンド、ストーリー、グラフィックともにやはり傑作ですね。言葉を失うほど感動しました。PCゲーに偏見があったので勿体ないことをしてきました。ここでは若い世代のコメントも見られて嬉しくなります。よーたさんの実況がきっかけでレトロゲームに関心が開くなら素晴らしいことです。陰ながらですが応援しております。ありがとうございました。

Leave a Comment

Back to Home Back to Top 古典ゲームの杜. Theme ligneous by pure-essence.net. Bloggerized by Chica Blogger.
This template is brought to you by : allblogtools.com | Blogger Templates